AK note

ビデオゲームの考究と企画についてのヒント

アイデア

日常にあるいろいろな不思議がオリジナルなアイデアを創造する

新しい発想からモノを創り出すこと。 これはどんな分野においてもとても難しいことです。しかし発案を生業にしている企画者はこれを避けて通ることは出来ません。 日常的にアイデアを蓄積して企画に反映させる人もいれば、その場のインスピレーションから練…

ゲーム制作は必ずシステムから始まりそこからオリジナルが生まれる

以前『ゲーム企画で最初に考えなければいけないのはイメージではなくシステムである』の中でゲーム制作はシステムから考えると話しました。 しかしゲーム作りのアイデアはさまざまな方向からやってきます。舞台の背景となるストーリーだったりカッコいいデザ…

アイデアの善し悪しを直感的に判断する『アイデアスケール』という論理的発想法

新しい企画のアイデアを思いついた時や他者が提案したアイデアを聞いた時など、それが良いアイデアなのかどうか、どのように判断すれば良いのでしょうか。 企画を考えている時に面白いアイデアが1つ浮かんだ瞬間、それに付随する具体的な設定がズルズルっと…

楽しかった想い出が新しいアイデアのヒントになる

よくゲームクリエイターは小説や映画など良質な芸術作品を観てセンスを磨きなさいと言われます。確かに日頃からいろいろな創作物に触れて感性を刺激することはゲームを考えるうえでとても大切なことです。 でもいつもここでアドバイスは終わります。好きな本…

想い描いた理想のゲームの中にこそオリジナルな発想が隠れている

「自分の理想とするゲームが作りたい」という考えは、ゲーム制作を目指してきた人なら誰もが持っている心情のようなものです。しかし制作会社に入りプロとして制作に携わるようになってもそんな仕事はまずさせてもらえません。 会社の方針でおおよそのゲーム…