AK note

ビデオゲームの考究と企画についてのヒント

子供の頃の話

短波放送ラジオに異国の空気を感じていたころ

中学生になった頃、世間では短波放送ラジオのちょっとしたブームがありました。国内はもとより海外の放送を受信する BCL(Broadcasting Listening) がおもしろくて、専用のラジオにアンテナやカップラー(電波整合器)なんて付けていっちょまえに外国の放送を…

夏休みの自由課題で作ったパチンコゲーム

小学校の3年生だったと思います。夏休みの自由課題でゲームを作りました。ゲームと言ってもデジタルではありません。そのころはまだコンピュータを役所や民間会社で『電算機』なんて呼んでいた時代ですね。 それまで夏休みの宿題というと昆虫採集やそのイラ…

テニスゲーム

子供の頃のお話。 家族でデパートへ買い物に行った時や食事をしたときなどには必ず屋上のゲームコーナーに寄ってもらって遊んでいました。まだデジタルゲームは少なくアナログなドライブゲームやコインで遊ぶルーレットゲームなどが沢山ありました。 お気に…

初めてのゲーム

子供の頃のお話。 小学校のころは両親が共働きで、家の鍵を首に紐でぶら下げて持たされていました。いわゆる鍵っ子というやつです。低学年では昼過ぎにはもう帰宅していたので、それから夕方まで遊び放題なのですが、ぼくには家の用事があってそれらを済ませ…

泥だんごコースター

子供の頃のお話。 向いの家に住む3歳年上のタカシくんが、泥だんごを作るのに最高の土が取れる場所を見つけたと、庭で忙しく水を撒いていたぼくの背中にくっつくようにして話しかけてきました。 泥だんごは手のひらに乗るくらいの大きさに土を固めて綺麗な…